NEWS

着る包帯をオーダーいただいたH様よりわんこさんの着用姿を見せていただきました!

毛の長い犬種であるヨークシャーテリアに着せたいとH様よりお問い合わせをいただいたのが23日。避妊手術を控えており、優しい術後服を探しておられたそう。毛が長いため、結び目は なるべく少ない方が着せやすいので、首の後ろと胸元の後ろ(背中側の一箇所)をマジックテープなどにカスタマイズすることはできますかとのことでした。
着る包帯は伸縮性のある光触媒の布で出来ており、縫い目を設けずに設計しているためマジックテープですとべりべりと外す際の負荷に耐えられない可能性があります。負荷に耐えうるようにするには、着る包帯の端部分をぐるっとバイアスで縫うなどの補強が必要となります。そうしますとコストもかかり肌に触れる縫い目も増えてしまいますので、首元と背の一箇所の計二箇所をスナップボタンでぷちっとと留める仕様にカスタマイズし、いちばん後ろの部分のみ紐で結んでいただく形でお作りすることとなりました。スナップボタンも付け外しに際して強く引っ張りすぎなければ、支障なく使えます。計測していただいた首周りや胸周りのサイズに、プラス2cm間隔した箇所にもスナップボタンを配置してお届けいたしました。
いちばん後ろの背の部分を着る包帯のもとからある紐で結んでいただくことで、程よく体に密着させることができ、裾がめくれたりすることも回避できます。
そうしてお届けした着る包帯を着てもらった姿を見せていただきました!
背のリボン結びがとっても可愛いです!
H様、今回HPに掲載の許可を快くいただきまして本当にありがとうございました。手術を無事終えられて、回復するための手助けとなれましたら幸いです。