NEWS

着る包帯のオーダーをいただいたT様より近況を教えていただきました!

38kgのラブラドールに着せるサイズが欲しいのですが、とお問い合わせをいただいたのが5月10日のこと。
前丈が55cm、腹囲が85cm用に欲しいとオーダーをいただきました。メールでやりとりをさせていただき、前丈は少し余裕を持って57cmでお作りしお届けいたしました。着る包帯は結ぶ位置でカバーする位置を多少上下することができますし、長ければ首元を内側に折り曲げていただいて調節もできます。
17日に手術を終えられたというT様より「着る包帯」を着用したわんこさんのお写真と近況をお知らせいただきました。大きめのサイズですので、背で結ぶ部分を3箇所にしたのですがさすが大きなわんこさん、結び目もキュートに見えます。後ろにいる黒いわんこさんも可愛い!
エリザベスカラーを使わずにいられるのでストレスもないようですし、服嫌いの愛犬にとってこの上ないものでしたとのお言葉をいただきました!
短距離のお散歩に行けるまでになった際にも着る包帯を活用いただいていたとのこと。わんこさんのお腹に草が当たることを気にせず好きなだけお散歩を堪能させてあげることが出来たので、愛犬も飼い主様もストレスフリーでいられているとお伝えいただき、着る包帯をつくるきっかけになった祖母も私も協力者である母も本当に嬉しくて嬉しくて、役に立てる幸せを噛み締めました。
退院から傷を舐めることもなく、とても綺麗な状態で、通院も最低限で済んだそうです。
手術後の愛犬の痛そうな様子を見守るしかない飼い主さんはとても心配なことだろうと思います。わたしも祖母の愛犬が手術を終えてエリザベスカラーをはめられて、そこかしこにガツンごツンとエリザベスカラーをぶつけながら元気なく過ごす様子が痛々しく、何もできない不甲斐なさを抱いていました。エリザベスカラーを外してしまえば傷口を舐めてしまいますし、何より足でひっかくなどの外的刺激からは保護できません。普通の包帯ならずれて外れてしまいます。
腹部と胸部の胴部のみの保護となってしまいますが、着る包帯ならば、愛犬の動きを妨げずに普段通りの生活に近い状況で術後の日々を過ごせる助けとなります。
丈夫な伸縮性のある布ですので、もちろん手術後以外のお散歩時のお腹の保護などにもぜひ。
T様、素敵なお写真と着る包帯を使われた感想、嬉しいお言葉をありがとうございました!これからも可愛い愛犬たちと素敵な日々をお過ごしくださいね!